トップページ画像

当ブログ「みその不労所得運用ブログ」をリニューアルしてまとめています。ぜひこちらも覗いてみてくださいね(^ ^)
★「みくとそうたの資産運用教室」も運営中★★    ★    ★    ★    ★

株価指数CFD「FTSE100」:みその運用方針や資金・実績は?

更新日:

みそ
株価指数CFDを始めて見たいと思うけれど、実際どのくらいの利益や資金が必要なのか、誰か教えてー!

株価指数CFDはあまり聞きなれない運用ですし、資金が少し多めに必要です。調べていても積極的に運用している人は少ないですからね。

今回は私みそが実際に運用している実績や方針をお伝えしますので、もしよければ参考にしてくださいね(^ ^)

\みそも岡三オンライン証券愛用中/
岡三オンライン証券 くりっく株365




みその株価指数CFD「FTSE100」投資・運用実績

実際に私みそが運用している株価指数CFD「FTSE100」の運用実績は以下のグラフの通りです。

初めは1枚から始め、現在では4枚保有しています。

2018年6月から積立始めており、もうすぐ1年を迎えようとしています。

FTSE100は1枚につき年間22,000〜23,000円ほどの利益になるので、10月ごろには約10万円ほどの利益になっていると考えられます。

 

みその株価指数CFD「FTSE100」運用方針

まず基本的なこととして理解しなければならないのが、100ポイント相場が動くことで損益も10,000円動きます。

日経が22,000円とすると、21,900円になれば10,000円分の含み損になりますし、22,100円になれば10,000円の含み益になります。・

この考えを元に運用方針を見ていきましょう。

FTSE100の運用方針

基本的には20万円につき1枚保有しているので、現在80万円の資金で4枚保有しています。

これまでの相場の値動きを見てみましょう。

基本的には上昇トレンドになっています。

またリーマンショックのような下落が来た場合は、約3,000ポイントほどの下落をしています。

2018年の年末の値下がりだと1,000ポイント少し下落していますので、最低でも1,500ポイントにつき1枚保有すべきです。

 

その中でも私みそがなぜ20万円につき1枚保有することにしたのかは、年利10%を意識しています。

20万円につき1枚保有していれば、年間配当利益で22,000円ほど得られますからね。

あとは1,500ポイントの下落しか対応できないのは、2018年の年末も実際に運用していた時に不安に感じたので、少し多めの20万円としました。

 

リーマンショックのような大幅な下落が起きた時には追加入金をする予定です。現在であれば4枚分なため、比較的容易です。

ただし、保有枚数が多くなればなるほど追加資金投入分は多くなりすぎるので、少しずつ必要資金は25万円、30万円と増やして行った方が良いかもしれません。

日経225を運用しない理由

まずは値動きを見てみましょう。

下落してもきっちりと回復しています。

ただし、値動きの幅が大きすぎます。下は10,000円切っていますし、上は20,000円を大きく超えています。

100ポイント下落で1万円の含み損です。10,000ポイントも下落すれば100万円の含み損です。

下落した時の証拠金が大きすぎるので、私みそは保有を見送っています。

 

NYダウを運用しない理由

まずは値動きを見てみましょう。

すばらしく上昇し続けています。

リーマンショックの時はさすがに下落の変動はありましたが、日経225のような上下の値動きはありません。

ただなぜ運用していないのかといえば、金利が高く保有しているだけではマイナスになるからです。

上図は2018年度におけるNYダウの配当・金利相当額の実績です。

「利益=配当ー金利」であり、配当よりも金利が大きいNYダウでは保有しているだけではマイナスになります。

そのため、NYダウは配当目的での運用というよりかは、短期トレードによる決済利益を狙うの運用をすべきです。

 

ちなみにですが日経225やFTSE100は配当利益はプラスなので、そちらに関しては問題ありません。

日経225↓

FTSE100↓

みその株価指数CFD運用方針まとめ

・FTSE100を20万円につき1枚保有(2,000ポイントの下落まで耐えられる)

日経225を保有しない理由
→日経225は配当利益はプラスだが、値動きが激しく準備しておくべき資本金が多い

NYダウを保有しない理由
→NYダウは上昇相場で理想だが、配当利益は金利が高くマイナスで短期トレードに向いている

アナタも運用方針をしっかり考えた上で資産運用を始めましょうね(^ ^)

みその株価指数CFD「FTSE100」を始める手順まとめ

みその株価指数CFD「FTSE100」を始める上で、必要なステップを簡単にまとめました。
よかったら参考にしてくださいね(^ ^)

株価指数CFD「FTSE100」の始め方とは
口座開設の仕方
株価指数CFD「FTSE100」の注文の仕方
みそと同じ設定にしたい方・どんな考えで運用しているか知りたい方

\みそも岡三オンライン証券愛用中/
岡三オンライン証券 くりっく株365

動画や音声で記事内容を知りたい方はYouTubeからどうぞ

 

チャンネル登録もぜひお願いしますね(`・ω・´)

みその資産運用まとめ:1つの資産運用にだけでなくリスク分散しよう

みそが行なっている資産運用や労働収入は多岐に渡ります。

ループイフダン、トライオートFX、スワップポイント投資、自動売買5つ比較、株価指数「FTSE100」、トライオートETF、ウェルスナビ、積み立てNISA、楽天ポイント投資、PPCアフィリエイト、ブログ、本業、、、

なぜこれだけいろいろ行なっているのかというと理由が2つあります。

 

1つ目は、もし1つしか資産運用しておらず、それがダメになった時、どうしようもなくなるということです。

会社もある意味資産運用の1つ(労働収入)と考えることができ、仕事だけをしていても、会社が倒産したり、自分が病気になってしまえばお金が入って来なくなります。

その状況は避けたいと考え、いろんな投資を行ないリスク分散をしているのです。

初めはループイフダンだけでしたが、ループイフダンがうまくいかなかった時のことを考えると不安になりました。

そして他の自動売買やスワップ投資を始め、、、といったように多くの資産運用をするようになり、心の余裕が生まれましたね。

以下の記事にも簡単に触れていますし、このブログでも多く紹介しているので、ぜひチャレンジしてみてください(`・ω・´)

関連記事:みその不労所得運用まとめ:20代後半男性が行う資産運用のポートフォリオ

 

もう1つの理由はもともと仕事の人間関係が良くなくて、仕事を辞めたくて副業を始めたということです。

今となっては良い経験だったと判断できますが、当時はしんどかったですね。

僕は仕事に悩んだ26歳のときに本格的に資産運用やブログを始めました。もちろん当時お金は少なかったです。

でも、資産運用は若くてもお金が少なくてもできるのです。もちろんお金を持っている人は有利ですし、羨ましいですが。笑

僕自身のプロフィールも載せておきますので、もしよければ励みにしてください。

僕なりの苦悩や取り組みを記載しています(^ ^)

関連記事:みそのプロフィール

 

ブログへの質問はツイッターや質問箱からどうぞ(^ ^)
記事の更新や資産運用の設定変更はツイッターが一番早くお知らせするので良かったらフォローをお願いします(*´∇`*)

YouTubeでもブログ記事の動画やお金・投資に関することを配信していますので、ぜひチャンネル登録をお願いします(`・ω・´)

初心者向けの資産運用サイト
「みくとそうたの資産運用教室」も運営中!

 

★Twitter・YouTubeでも発信中★

https://twitter.com/misomiso_m/status/1071716610346340352

-インスタグラム(Instagram), 株価指数CFD「FTSE100」, 株価指数CFD「FTSE100」全般

Copyright© みその不労所得運用ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.