トップページ画像

トライオートFX通貨ペアのおすすめは豪ドル/NZドル!豪ドル円やユーロドルを選ばない理由は?

更新日:

 

みそ
トライオートFXをやろうかな!
でもどの通貨ペアが一番利益上げられるのかな。。。

トライオートFXと言えば、コアレンジャー豪ドル/NZドルって真っ先に思い浮かぶかもしれません。

それは利益が高いことはもちろんなのですが、なぜコアレンジャー豪ドル/NZドルが一番収益力が高いのかは知っていますでしょうか?

今回この記事では、オススメ通貨が豪ドル/NZドルであることをお伝えします。

よかったら見てくださいね(^ ^)

\みそもトライオートFX愛用/
トライオート




【おさらい】トライオートFXとは

トライオートFXはインヴァスト証券が運用しているFX自動売買です。

はじめに設定をしてしまえば、あとは寝ていようが、仕事していようが、ほったらかしで利益が積み重なっていく仕組みです。

 

日本円でイメージするとわかりやすいと思います。

上の図では90円で買って110円で売っています。その差額20円が利益となるのです。

それをトライオートFXはプログラムが組まれており自動で繰り返し行なってくれるのです。

 

トライオートFXの豪ドル_NZドルがオススメである理由

それではなぜ豪ドル/NZドルを進めるのかを見ていきましょう。

自動売買はレンジが狭く、上下に値動きがあればあるほど良い

そもそも自動売買って上下に相場が動くことによって利益が積み重なりますよね。

でも、レンジの幅が大きいほど、逆へ相場が動いたとき含み損が膨れる可能性が高くなります。

だからこそ、上下に値動きをする通貨であることは最低条件ですが、値動きが狭い(レンジが狭い)ということも、自動売買でほったらかし運用するにはとても重要なことです。

豪ドル/NZドルは中期的にレンジ状態であるので自動売買と相性が良い

まずは豪ドル/NZドル過去30年の値動きを見てみましょう。

過去最高値と過去最低値の値幅は5000pipsもありません。

さらに直近5年間で言えば、1.000~1.2000の間にすっぽり収まっており、とても値幅が狭い状態です。

しかもジグザグと相場が動いており、自動売買にとっては最適な相場でもあります。

少し後で他の通貨ペアは過去10年間どのような相場で動いてきたかを確認しますので、豪ドル/NZドルのレンジはとても扱いやすいことがわかると思います。

ループイフダンにはあるけど自由な設定ができない、トラリピにはそもそもない

豪ドル/NZドルが良いのはわかった。でも、なんでトライオートFX?って思う人もいるかもしれません。

トライオートFXにはコアレンジャー_豪ドル/NZドルという初心者が手をつけやすい自動売買システムがあるということはもちろんあります。

しかしそれ以上に、ループイフダンは私みそが行なっているような細かい設定ができないため、トライオートFXを愛用しています。

ちなみにトラリピにはそもそも豪ドル/NZドルの通貨ペアは取り扱っていません。

\みそもトライオートFX愛用/
トライオート

豪ドル/NZドル以外の通貨ペアの相場を確認してみる

豪ドル/NZドルは先ほど見ましたが、簡単に他の通貨ペア過去10年間の相場を見ていきましょう。

ドル円

トレンドを形成しやすい通貨であり、なかなか自動売買に最適なレンジ相場ではありません。

豪ドル/NZドルとは異なり、たった10年間で50円もの値動きがありますからね。

豪ドル円

豪ドル円も過去10年間で50円の値動きがあります。

しかし、とてもレンジ相場で動いているため、自動売買におすすめな通貨ペアとなっています。

ユーロドル

ユーロドルは過去10年間で6000pipsほど動いています。

レンジを形成しやすく、こちらも自動売買向けの相場でありますが、少し下げトレンドであることが気にかかります。

また、円を挟まないので馴染みが薄いのも初心者には向きませんね。

ポンド円

過去10年間で130円も動いているため、完全に自動売買向けの通貨ペアではありません。

しかも完全にトレンドに乗っかっていますからね。

ユーロ円

ユーロ円はレンジ相場を形成しやすいのですが、過去10年間で値動きが70円もあるので、必要資金が多く必要になります。

そのため自動売買のオススメ度としては中ぐらいって言う感じです。

\みそもトライオートFX愛用/
トライオート

トライオートFXで豪ドル円やユーロドルはおすすめではないの?

それぞれの通貨ペアを見ていると、豪ドル/NZドル以外にも自動売買に使えそうな通貨ペアがありそうです。

しかし、私みそが考える中で、トライオートFXでは豪ドル/NZドルしか利用していません。

その理由を簡単にご説明します。

豪ドル円はダメなのか?

結論、豪ドル円でもトライオートFXはおすすめできます。

ただし、それ以上に豪ドル円の通貨ペアはループイフダンの方を私みそはおすすめしているので、トライオートFXでは利用していないだけです。

ループイフダンはトライオートFXのように細かい設定はできない分、スプレッドなど取引コストが圧倒的に安いです。

個人的に豪ドル円においては、カスタム設定をする必要もなく、ループイフダンの設定だけで足りているので、余計にループイフダンの方をおすすめしているのです。

関連記事:ループイフダンおすすめ通過ペアは豪ドル円!選んだ理由と設定や利益はどのくらい?

逆に豪ドル/NZドルもループイフダンで使用することもできますが、トライオートFXで自分オリジナル設定で運用した方が安全かつ利益が高くなると考え、トライオートFXを使用しています。

関連記事:トライオートFXカスタム設定:コアレンジャー_豪ドル/NZドル「ではない」おすすめ運用とは?

 

ユーロドルではダメなのか?

決してダメではない通貨ペアですが懸念点が2つあります。

・円が絡んでいないため、特に初心者は取り付きにくい
・長期的には下げトレンドであり、レンジではない

 

1つ目の円が絡んでいないということは大きな理由になりえます。

相場をわざわざ見なくても円は普段から使用しますし、ネットニュースを含め、身近な存在です。

しかし、ユーロもドルも意識しないと相場を把握することはできません。

自動売買であるので、相場を毎日確認しないようにするのが理想ですが、自分から情報を取りに行かないといけないので、初心者向きではないのです。

 

2つ目の下げトレンドですが、先ほどみた相場図をもう一度見てみましょう。

レンジを形成しているものの、だんだんと上値が落ちてきています。

長期的には下げ相場であることが現段階では読み取れるため、手を出しづらい通貨ペアになります。

\みそもトライオートFX愛用/
トライオート

私みそはトライオートFXのカスタム設定で豪ドル/NZドルをローリスク運用

私もコアレンジャー_豪ドル/NZドルを運用していましたが、長期的な視点に立ってコアレンジャー_豪ドル/NZドルの運用を中止して、ローリスクのカスタム運用をはじめました。

みその設定は下の画像2枚で説明できます。

過去30年の値動きにおいて、買いレンジと売りレンジを分けた後、、、

下図のように設定して運用しています。

カウンター値やらフォロー値やら、聞きなれない言葉が多いとは思いますが、詳しくはこちらの記事に書いております。

関連記事:トライオートFXカスタム設定:コアレンジャー_豪ドル/NZドル「ではない」おすすめ運用とは?

 

初めに言っておくと、これはローリスクローリターンの運用です。

そのため、コアレンジャー豪ドル_NZドルと比べると収益率は落ちます。

ただ、長期運用をする上では、ロスカットを受けないことが重要です。

だって、いくら稼いでいてもロスカットを受けて、元資金含めて全部なくなってしまっては意味ないですよね。

 

せめて、コアレンジャー豪ドル_NZドルを運用し続けるならば、リスクがあることを知っておきましょう。

だからこそ、自動売買セレクトのコアレンジャー_豪ドル/NZドルを選んでおけば良い、っていう考えだけではちょっと危ないんですよね。

いざという時に対応できませんから。

それを踏まえた上で、アナタの満足のいくトライオートFXを運用してくださいね(*´∇`*)

\みそもトライオートFX愛用/
トライオート

トライオートFXを始める手順まとめ

トライオートFXを始める上で、必要なステップを簡単にまとめました。
よかったら参考にしてくださいね(^ ^)

トライオートFXの始め方
口座開設の仕方
トライオートFXの注文や設定の仕方

みそと同じ設定にしたい方・どんな考えで運用しているか知りたい方
トライオートFXカスタム設定:コアレンジャー_豪ドル/NZドル「ではない」おすすめ運用とは?
★コアレンジャーをしていた時の運用方法(運用停止)
【トライオートFX】コアレンジャー_豪ドル/NZドル(自動売買セレクト)の設定や運用実績は?

みそのトライオートFX設定はこの記事の最後に記載していますので、よかったら見てください(^ ^)

\みそもトライオートFXを愛用中/
トライオート

★Twitter・YouTubeでも発信中★

-トライオートFX, トライオートFX全般

Copyright© みその不労所得運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.