トップページ画像

【2019年度】スワップ運用・投資の通貨ペアごとに考える設定とは?レバレッジと含み損を管理しよう

更新日:

 

私みそは2018年6月26日にトレイダーズ証券でスワップ運用を始めました。

スワップ運用を始めた通貨ペアは、南アフリカランド/円、トルコリラ/円、メキシコペソ/円 です。

なぜ、スワップ運用はどのように考える必要があるのか。

みそが実際に運用を始めるまでに考えたことを記載しているのでよかったら見てください。

 

★2019年1月7日に運用方針を大幅変更しました。

運用変更前に考えたこともわざと残しています。なぜここまで運用を変更したのかを探って見てください(^ ^)

変更した箇所は「★2019年1月7日追記)」と記載していますし、最後に運用を変更した理由を記載していますので、もしよければ読んで見てください(^ ^)




みその現状の設定(通貨ペア・通貨量 )や利益

ぼくはトレイダーズ証券でスワップ運用を始めることにしました。

その理由はやはりスワップが高いから、という単純な理由です。

 

6月26日に始めたときは、以下の運用です。

南アフリカランド/円 10,000 通貨×6
トルコリラ/円 1,000通貨×6
メキシコペソ/円 10,000通貨×6

ですね。

初めての運用だったので失敗しないか分けて購入していました(^ ^)

 

★2019年1月7日追記)

今では以下の通りに積立できています。

南アフリカランド/円 10,000 通貨×15
トルコリラ/円 1,000通貨×13
メキシコペソ/円 10,000通貨×15

十分にスワップポイントが貯まってきていますね( ・∇・)

ちなみにこのようにスワップは貯まってきています。結構地道に貯まっていっていますよ。

*****************************

また、みそはトレイダーズ証券を運用していますが、FXプライムbyGMOもおすすめです(^ ^)

その理由は下の図を見てみましょう。

※スワップポイントは随時変化するので、ご自身で公式HPを確認してください→「トレイダーズ証券」「FXプライムbyGMO

トルコリラ円とメキシコペソ円はトレイダーズ証券の方がスワップは高いですが、南アフリカランド円はFXプライムbyGMOの方がスワップが高いのです。

そのため、トレイダーズ証券FXプライムbyGMO2つとも口座開設して分散してスワップ運用をするのもありです。

口座を分散させると、例えばトルコリラ円で暴落して強制ロスカットになっても、南アフリカランドを運用している口座は無傷ですからね。

もし、同じ口座に入れていれば、巻き込まれてしまうかもしれません。

 

またFXプライムbyGMOは10年以上も運用を行なっている老舗です。

トレイダーズ証券は最近高スワップ通貨に参入しましたので、安心性と信頼性はFXプライムbyGMOの方が高いですよ(^ ^)

 

ちなみにトレイダーズ証券と同じ運用会社であるLIGHTFXもスワップポイントは業界最高基準のため、3つの高金利通貨をそれぞれ分散してスワップ運用をすることもできますのでおすすめです(`・ω・´)

\複数口座に使い分けはLIGHTFX
レイダーズ証券【LIGHT FX】

 

運用開始時点の考え

未だ考えているところではありますが、毎月10万円を元手に

メキシコペソ:30,000通貨
トルコリラ:30,000通貨

南アフリカランド:20,000通貨

を積立購入していく予定です(^ ^)

 

★2019年1月7日追記)

スワップが各通貨レバレッジが1倍の状態で積立を行います。

例)メキシコペソが現時点5.5円の場合は5,500円分のスワップポイントが貯まった時点で1,000通貨積立します。
例)南アフリカランドが現時点で7.8円の場合、7,800円分のスワップポイントが貯まった時点で1,000通貨積立します。

ただし、資金に余裕がある場合は下落した際に、裁量にて積立を行うこともあります。その際はツイッターにて速報をお知らせします。

*****************************

スワップとは

スワップとは、2つの通貨を取引することで得られる金利のようなものです。

 

例えば、日本の金利が1%、アメリカの金利が5%とします。

そのため日本円を持っていれば1%の金利がつき、アメリカドルを持っていれば5%の金利がつきます。

 

そこでFXでドル円を購入する、つまり円を売ってドルを得ると「ドルの金利(5%)ー円の金利(1%)=4%」の金利を得ることができます。

この金利差のことをスワップポイントと言います。

 

みそ
じゃあ、高い金利の通貨を買えばいいんじゃないの?

その通り。

トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソなど高金利の通貨を買えば、持っているだけでスワップポイントの利益を得ることができるのです。

低金利の日本はその癖を利用しやすいので、スワップ運用という言葉があるくらいなのです。

 

スワップ運用に必要な資金(例:メキシコペソで考えてみる)

スワップ運用に必要な資金はどの通貨を購入するかによって変わります。

 

そのため一概には言えないですね。

メキシコペソで考えて見ましょう。考える順番としては以下の通りです。

①1万通貨購入の場合、1円通貨が下がるたびに1万円の含み損が発生する
②現在の相場からいくらまで下落しても大丈夫かを考えて資金を用意する

ではいきますよ( ・∇・)

1万通貨購入の場合、1円通貨が下がるたびに1万円の含み損が発生する

まず基本的な含み損のことを考えます。

通貨を購入するにあたり、今の価格からどのくらい落ちるかを考えなければいけません。

ドル円が今100円だとすると、80円になれば1万通貨あたり20万円の含み損が発生します。

 

基本的にスワップ運用では決済をしない(保有し続ける)ので、この含み損がどのくらいまで耐えられるかを後で考える必要があります。

 

現在の相場からいくらまで下落しても大丈夫かを考えて資金を用意する

それでは直近10年のメキシコペソの価格推移を見て行きましょう。

今現在(2018年6月26日)が5.5円ぐらいの底値に近い価格となっています。

底値までであれば後0.5円ほどの下落を見ておけば大丈夫ですが、少し怖いので4円まで下落しても大丈夫な運用を考えてみましょう。

その場合は(現在5.5円ー4.0円=1,5円)の下落を想定すれば大丈夫ですね。

 

この場合、1万通貨あたりいくらの含み損が発生しますか?

、、、、、15,000円の含み損ですよね。(1万通貨あたり、1円下落すると1万円の含み損が発生する

そのため1万通貨購入するためには1,5万円用意すれば大丈夫ですね(厳密には必要証拠金2,500円前後必要になります)

そして必要証拠金のことを考えても17,500円あればメキシコペソを1万通貨購入することができます。

 

もし、最低値で考えた場合、過去最低値は4.8円付近であるため、(現在地5.5円ー過去最低値4,8円=0.7円)つまり1万通貨あたり7,000円、そして必要証拠金2,500前後を考えると、1万円あれば1万通貨を買える計算になります。

 

なぜみそはスワップ運用を始めたのか

僕が考える資産運用には長期型と短期型を考えています。

長期型はスワップも含まれており、ループイフダン 、CFDがあります。他にも積立NISAなどもあります。

短期型はトライオートETFやPPCのようにリスクをとってリターンを狙う考えです。

 

その中でもスワップ運用を始めた理由は、「リスク分散」この一言につきます。

一つの手法にこだわると、それがダメになったとき、死活問題になりますからね。

 

選んだ通貨ペアや通貨単位の理由を考える

みそが初日に購入した通貨と通貨量は以下の通りです。

南アフリカランド/円 10,000 通貨×6
トルコリラ/円 1,000通貨×6
メキシコペソ/円 10,000通貨×6

 

スワップが高い

スワップ利益を狙うので当たり前ですね。

トレイダーズ証券では各会社のスワップ金利を比較しても最高基準で提示されています。(2018年6月26日現在)

南アフリカランド/円 10,000 通貨あたり20円
トルコリラ/円 10,000通貨あたり100円
メキシコペソ/円 10,000通貨あたり15円

となり、かなり高いです(^ ^)

 

過去において最安値付近の相場である(2018年6月)

南アフリカランド

トルコリラ

メキシコペソ

それぞれ安値の付近でうろついています(2018年6月26日現在)

僕自身がスワップ運用を知った、安値の付近にある、という理由で始めることにしました。

 

保有する通貨量は耐えられる下落幅から考える

みそが考えている下落幅は、

南アフリカランド/円 2円  10,000 通貨×6
トルコリラ/円    10円  1,000 通貨×6(1万通貨あたりでは下落幅は1円と考える)
メキシコペソ/円   1円  10,000 通貨×6

で考えています。

 

1円下落するのに1万円含み損が出ることは伝えましたよね。

そのため必要な資金は(2円+1円+1円=)4円×6万=24万円になります。

 

ちなみに、

南アフリカランド/円 10,000 通貨購入につき20,000円必要
トルコリラ/円    1,000 通貨購入につき10,000円必要
メキシコペソ/円   10,000 通貨購入につき10,000円必要

と考えています(^ ^)

 

★2019年1月7日追記)

基本的な考えは今も変わりません。

南アフリカランド/円 10,000 通貨購入につき20,000円必要
トルコリラ/円    1,000 通貨購入につき10,000円必要
メキシコペソ/円   10,000 通貨購入につき10,000円必要

ただ、ローリスクでの運用に変更しましたので、レバレッジが1倍になるように運用をしています。

例)メキシコペソが現時点5.5円で10,000通貨を保有する場合、証拠金を55,000円用意するようにします。
例)南アフリカランドが現時点で7.8円で10,000通貨を保有する場合、証拠金を78,000円用意するようにします。

なぜここまでローリスクにしたかは、この記事の最後に記載しています。

*****************************

 

2019年1月7日追記)なぜレバレッジ1倍というルーリスク運用に変更したのか

スワップ運用とは異なりますが、ループイフダンという自動売買において250万円以上のロスカットを2019年1月3日に受けたからです。

詳細は以下の記事に書いていますが、突然の下落に対する入金が遅れたためでした。

関連記事:【損失250万円以上】2019年1月3日ループイフダン豪ドル円ロスカットになりました。

 

このロスカットを受けた際、このスワップ運用の口座には以下の保有通貨がありました。

南アフリカランド/円 10,000 通貨×15
トルコリラ/円 1,000通貨×13
メキシコペソ/円 10,000通貨×31

口座資金は今の半分の100万円。

もし円高に触れれば全て円がらみの通貨であるため、同時に下落します。

南アフリカランドとメキシコペソが同時に2円落ちれば、ほぼ間違いなくロスカットになるでしょう。
(南アフリカランドが2円下落=150,000通貨×2(2円分の下落)=300,000円
メキシコペソが2円下落=310,000通貨×2(2円分の下落)=620,000円)

リスクが高すぎます。

 

また、今回のロスカットでレバレッジをかけすぎることへの危惧、そして相場を読まなくても必ずロスカットされない基準(レバレッジ1倍)にて運用することに決めました。

ただし、現状の保有通貨量で対応しようとすると300万円の口座資金が必要です。

現状では、そこまでの資金を投入できませんので、メキシコペソ16万通貨を決済し、200万円の口座資金で耐えられる運用に変更しました。

現状完全に1倍ではありませんが、下落には十分対応できます。

 

ただ、各通貨の基本的な考えは今も変わりません。

南アフリカランド/円 10,000 通貨購入につき20,000円必要
トルコリラ/円    1,000 通貨購入につき10,000円必要
メキシコペソ/円   10,000 通貨購入につき10,000円必要

で十分だと考えています。

しかし、私みその場合はトレイダーズ証券口座のみに固めているので、円高に触れれば証拠金維持率が一気に低くなってしまいます。

もし、攻める運用をするのであれば、トレイダーズ証券ではなく、LIGHTFXやFXプライムbyGMOの口座に分けて運用しましょう。

たとえトルコリラが暴落してロスカットになったとしても、別口座で運用しているメキシコペソや南アフリカランドは無事になりますからね(^ ^)

関連記事:FXプライムbyGMOの口座開設の仕方(図解付き)

関連記事:LIGHT FXは高金利通貨のFX運用がおすすめ。口座開設をすべきメリットやデメリットとは?

 

ぜひ、アナタに合ったスワップ運用を行なってくださいね(^ ^)

みそが運用するスワップまとめ

みそがトレイダーズ証券で購入した通貨と通貨量は以下の通りではじめました。

南アフリカランド/円 10,000 通貨×6
トルコリラ/円 1,000通貨×6
メキシコペソ/円 10,000通貨×6

 

★2019年1月7日追記)

現時点では、

南アフリカランド/円 10,000 通貨×15(現時点7.75円)
トルコリラ/円 1,000通貨×13(現時点20.37円)
メキシコペソ/円 10,000通貨×15(現時点5.59円)

を保有し、200万円の証拠金で運用しています。(レバレッジ約1.19倍)

今後は、スワップが各通貨レバレッジが1倍の状態で積立を行います。

例)メキシコペソが現時点5.5円の場合は5,500円分のスワップポイントが貯まった時点で1,000通貨積立します。
例)南アフリカランドが現時点で7.8円の場合、7,800円分のスワップポイントが貯まった時点で1,000通貨積立します。

ただし、資金に余裕がある場合は下落した際に、裁量にて積立を行うこともあります。その際はツイッターにて速報をお知らせします。

*****************************

 

収益報告もしていきますので、よかったら見てくださいね(^ ^)

スワップ運用を始める手順まとめ

スワップ運用を始める上で、必要なステップを簡単にまとめました。

よかったら参考にしてくださいね(^ ^)

 

スワップ運用の始め方・仕組みとは

スワップ運用会社の選び方

トレイダーズ証券(みんなのFX)の口座開設の仕方(図解付き)

FXプライムbyGMOの口座開設の仕方(図解付き)

③高金利通貨の選び方(チャート・政治的両面から考える)

→●メキシコペソを選ぶ
→●南アフリカランドを選ぶ 
→●トルコリラを選ぶ

みそと同じ設定にしたい方・どんな考えで運用しているか知りたい方

 

ブログへの質問はツイッターや質問箱からどうぞ(^ ^)
記事の更新や資産運用の設定変更はツイッターが一番早くお知らせするので良かったらフォローをお願いします(*´∇`*)

YouTubeでも毎朝為替や経済ニュースを配信していますので、ぜひチャンネル登録をお願いします(`・ω・´)



-スワップ運用, スワップ運用全般

Copyright© みその不労所得運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.