トップページ画像

ひまわり証券おすすめループ株365はFTSE100!おすすめ設定や必要目安資金はどのくらい?

更新日:

\当サイト限定タイアップ!2,000円分キャッシュバック/
ひまわり証券 くりっく株365

条件:当サイト経由で口座開設+新規5枚以上の取引で2,000円キャッシュバック!
「みその不労所得運用ブログ」から口座開設がお得ですよ(^ ^)

みそ
ひまわり証券でループ株365が提供されたね!
新しいサービスはわくわくするなぁ。でもどんな特徴があるんだろう?

ひまわり証券でループイフダンの株価CFDバージョンであるループ株365が提供開始されました。

損切り設定ができない?資金は多く必要?いろんな疑問があると思います。

実際にみそが設定した方法、そしてそれに伴う考え方をしっかりとお伝えしたいと思いますので、もしよければ参考にしてください(^ ^)




目次

【おさらい】ループ株365(ループイフダン)のシステムとは

ループイフダンとは売り買いを自動で行なってくれるシステムです。

イメージは下の図の通りです。

相場が上がったり下がったりを繰り返すことで注文と決済を繰り返します。

これを自動的に行なってくれるのがループイフダンなのです(^ ^)

 

以下の記事では特徴を説明した記事がありますので、詳しく知りたい方はみてください。

関連記事:ひまわり証券ならくりっく株365(FTSE100など)もループイフダンで取引可能(ループ株365)株価CFDも自動売買で利益を狙う!

【おさらい2】ひまわり証券で運用できる株価CFDの種類と値幅

まずひまわり証券で運用できる株価CFD4種類について簡単に説明しましょう。

日経225:日本
東証一部上場銘柄の内、市場を代表する225銘柄を対象とした株価指数(修正平均株価)

NYダウ:アメリカ
「ダウ平均」や「ダウ工業株30種」とも呼ばれ、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P Dow Jones Indices)が算出・公表し、米国を代表する優良30銘柄を選出して指数化したもの

DAX:ドイツ
ドイツ取引所が運営するフランクフルト証券取引所の上場銘柄の内、ドイツ企業の優良30銘柄を対象とした浮動株調整時価総額加重型の株価指数

FTSE100:イギリス
ロンドン証券取引所に上場する時価総額上位100銘柄で構成される時価総額加重平均指数をいいます。

 

難しい言葉もありますが、簡単に言い換えると各国代表する企業で構成された株集合体です。

そしてひまわり証券ループ株365で運用できる値幅は以下の通りです。

これらの選択の中からみそが選んだ「FTSE100・B100」。

どうやって選んで行ったのか、その考え方を見ていきましょう。

\みそもひまわり証券愛用中/
くりっく株365

みそのループ株365の銘柄と値幅設定:FTSE100・B100運用

さっそく私みそが運用しているループ株365「FTSE100」に対する考え方を見ていきましょう。

【基本設定】FTSE100・B100運用の必要残高を考える

FTSE100・B100×1,000通貨。口座資金は100万円からスタート。

利益の計算の仕方としては、基本的に100ポイント相場が動けば1万円分の損益が動くと考えて大丈夫です。

 

ちなみに100万円で普通に運用していれば700ポイントの下落に耐えることしかできません。

ひまわり証券が公式HPで後悔している目安資金表は下図の通りになります。

下のチャートを見ても過去1年間でさえ700ポイントの下落は起きております。

そのまま運用してもたった700ポイントの下落で強制ロスカットにあってしまいます。

じゃあその100万円でどうやって運用するの?というと、最大ポジション数を絞って運用します。

つまり、ある一定の数のポジションを持てばループ株365を停止させるということです。

【基本方針】最大ポジションは2〜3(手動停止)で運用・500ポイントごとで再稼働

例えばB100で考えてみましょう。

直近の高値が7,550とします。7,500で1枚買います(7,600で決済予定)。下落して7,400(7,500で決済予定)でもう1枚ループ株365が自動的に買います。

そこでループ株の運用を停止します(最大ポジション数2の場合)。

 

そこから上昇反転し、そのまま7,600(7,500で注文した分の決済されるタイミング)になれば稼働を再開します。

逆に下落し続けた場合、次は7,000ポイントで稼働させます。稼働させるイメージは8,000、7,500、7,000、6,500、、、のように500ポイント刻みです。

初めは直近高値7,550の5%減(7550×5%=377.5 )つまり7,172以下(=7550-377.5)のタイミングでも最大ポジション2で再稼働させるという考えもあったのですが、毎度計算が面倒なので、キリの良い数字で運用させることにしました。笑

再稼働のタイミングは手動なので、目安ちょっきりに再稼働というのは難しいですが、大きく外れなければいいと考えています(^ ^)

 

なぜ500ポイントごとで追加稼働(ナンピン)していくのかというと、後ほど説明しますがFTSE100を含む株価CFDは基本的には相場は上昇する傾向にあるからです。また、FTSE100のボラリティは日経225などよりかは小さいので、500ポイント刻みでも運用できると考えたからです。

日経225は2018年3月〜2019年2月で19,000〜24,000ポイント、FTSE100は2018年3月〜2019年2月では6,500〜8,000ポイントの幅で動いていることを考えればリスク対策もバッチリです。

 

【注意】損切り設定有無は選べないため手動で停止が必要

今までの説明で気づかれた人もいるかもしれませんが、最大ポジション数2〜3を持ったタイミングてループ株365を停止させるのは手動で行います。

その理由はループ株365では損切りの有無が選べず、必ず損切り設定ありになってしまうからです。

そのため、今回注文そのものは最大ポジション11(資金100万円での上限)で設定しています。

この点が運用する上で一番悩んだ点ですし、そもそもループ株365を運用すべきではないと考えていたぐらいです。

 

私みそはFX(為替)のループイフダンも利用しているのですが、こちらは損切り設定の有無が選べるので、損切りなし・最大ポジションを絞るという同じ考えで運用しています。

株価CFDとFXという種類は異なりますが、考え方は似たようなものになるので、もし気になる方は以下の記事を覗いてみてください(^ ^)

関連記事:ループイフダンおすすめ通過ペアは豪ドル円!選んだ理由と設定や利益はどのくらい?

 

ただ、実際にやってみないとわからない、ということもあり運用してみることにしました。

ちなみにですが、損切り設定が無しにできるのであればB50で運用したいと考えています。

1日で50ポイントはすぐに動きますし、急落にも最大ポジション数を絞れば対応できます。

現在手動でループ株365を停止させなければならず、急落した時に即座に気づいて最大ポジション2〜3を守るということは現実的ではないので、B100で運用することにしました。

1〜2日で200ポイント以上も下落することはあまりないですし、下落したとしても耐えられる分の口座残高はあるので多少は大丈夫と考えています。

\みそもひまわり証券愛用中/
くりっく株365

ループ株365の銘柄で「FTSE100」を選んだ理由

株価CFDには「FTSE100」だけではありません。「日経225」「NYダウ」「DAX」も運用することができ、値幅も様々に設定できます。

値幅設定は先ほど説明しましたが、そもそもなぜFTSE100を選んだのかを次は説明していきますね。

【前提】株価CFD(FTSE100・NYダウ・日経225など)は基本的に値上がり続ける方向である

論より証拠です。まず株価CFD4種類のチャートをまず見てみましょう。

日経225(日本)

NYダウ(アメリカ)

DAX(ドイツ)

FTSE100(イギリス)

日経は不安定ですが、その他の株価指数はしっかりと右肩上がりで推移しています。

リーマンショックが起こった後もしっかりと相場は上昇していますね。

 

その理由としては、そもそも株価CFDというのは、各国の収益を上げている企業で選ばれた集合体だからです。

そのため、株価CFDに含まれている一企業の業績が下がっても、業績が伸びた企業が下克上をし、入れ替わるだけです。

そのため日経は日本の経済を表すもの、NYダウはアメリカの経済を示すものと言われるのです。

 

世界経済は減速すると言われていますが、極端に言えばずっと減速していては世界経済は破滅してしまいます。

だから基本的には上昇する相場なのです。

FTSE100は値上がり値下がりの幅が小さい

その中でもFTSE100を選んだ1つ目の理由が相場のボラリティが低いからです。

通常であればボラリティが多いほうがいいのですが、思い出してください。100ポイントの値動きでで1万円分の損益が動きます。

FTSE100でさえ1度の下落トレンドで2,000ポイント(20万円分)下落しているので、日経225みたいに25,000ポイントから10,000ポイントまで下落(150万円分)すればひとたまりもありません。笑

ループイフダンは上下の値動きで利益を得る仕組みなので、日経225は理想的な値動きでもあるのですが、資金が大量に必要になります。

決済されなくても配当金が得られる:FTSE100は約23,000円/年 の利益

FTSE100を選んだ2つ目の理由が配当金です。厳密には違いますが、為替で言えばスワップみたいなものです。

そのため、日経225のように相場がそこまで上下しなくても、持っているだけで利益が貯まっていきます。

ただしスワップと違い、毎日支払い金利(スワップポイントで言えばマイナス)が発生するのでタイミングによれば、利益は減少してしまうので注意が必要です。

 

日経225はボラリティが高すぎます。DAXでは配当金はありません。NYダウは配当金はマイナスなので持っているだけで損失になります。

残された選択肢はFTSE100だけになりますし、FTSE100が優秀なので十分ですね。

\みそもひまわり証券愛用中/
くりっく株365

ループ株365「FTSE100」に必要な資金

必要な資金の考え方はどのくらいの値下がりまで対応できるか、ということに直結します。

さっそく詳しく見ていきましょう。

【基本】100ポイントの値動きでで1万円分の損益が動く

まず基本的に抑えなければいけないことは、100ポイント動くと1万円の損益が動くということです。

例えば、現在7,500ポイントとすると7,300ポイントになれば2万円の損失、7,800ポイントになれば3万円の利益になります。

その上で現在の値から何ポイント下がっても大丈夫か自分の資金と相談しましょう。

FTSE100を例に見ていきましょう。

FTSE100直近5年間の値動きから考える

どのくらいの期間で見るかによって判断は変わりますが、まず5年間の期間で見ていきます。

上図のチャートを見る限りでは、最大は8,000弱、最低は6,000弱ですね。つまり直近高値から2,500ポイント(25万円分)の下落に耐えられれば大丈夫そうです。

このチャートお終わりのタイミングであれば7,000ちょっとなので1,500ポイント(15万円分)の下落で対応できそうですね。

 

次にさらに長い期間で見ていきましょう。

FTSE100過去30年以上の値動きから考える

過去最低値まで耐えられるようにする、、、までは考えなくて良いと思いますが、2000年や2009年ごろであれば7,000ポイントから4,000ポイント弱まで下落(3,000ポイント以上)しています。

この点を考慮するかはアナタの資金やリスクの考え方に変わります。

みそが値動きから考える資金はどのくらいか?

先ほどと同じFTSE100の直近5年間のチャートを見てみましょう。

まず始めるタイミングや相場によりけり、という断りはいれておきますね(2019年3月28日時点に本記事執筆)

私みそは6,000ポイントまでの下落に耐えられるように考え、かつ運用に余裕を見るために、1ポジションにつき20万円(2,000ポイント分の下落に対応)用意します。

2000年や2009年のような急落が来たとしても、真っ直ぐ落ちることはなく、押し目を作りながら下落すると考えられるので、最終的に3,000ポイント分下落となっても耐えられるのではないかと考えております。

1度の決済で1万円の利益にはなるので10回分、十分見込めますね。

みそのループ株365 累計利益の推移

ただいま運用を始めたばかりなので、もうしばらくお待ちください(*´-`)

 

みそが運用するループ株365「FTSE100」まとめ

・FTSE100:B100を運用
・口座資金は100万円からスタート

・1ポジションにつき20万円の資金を用意
・最大ポジションは2〜3(手動停止のため多く持ってしまう可能性あり)

ループ株365は初めての試みになるのでどのような利益を得られるかが楽しみです。

毎週実績を報告していきますので、もしよければ見てくださいね(^ ^)

関連カテゴリー:ループ株365運用週間報告

\当サイト限定タイアップ!2,000円分キャッシュバック/
ひまわり証券 くりっく株365

条件:当サイト経由で口座開設+新規5枚以上の取引で2,000円キャッシュバック!
「みその不労所得運用ブログ」から口座開設がお得ですよ(^ ^)

【番外編】ループ株365の運用に興味が持てない方へ

ループ株365をあまり運用している人がいない、資金量的に難しい、などなど運用を見合わせることもありえると思います。

そんなアナタに別の提案をしたいと思います(^^)

ループ株365ではなく純粋に「FTSE100」を保有する

FTSE100を始めとする株価CFDはループ株365としてではなく、普通に購入することもできます。

私みそも岡三オンライン証券でFTSE100を持つことから始めました。

2017年7月から保有しており、値動きもある程度慣れてきたので、ついにループ株365に挑戦した、という感じです。笑

 

以下の記事で私みその考え方や運用方法を記載しているので、もしよければ見てください(^ ^)

まぁほとんど今見ている記事と同じ考えですけどね。笑

関連記事:株価指数CFDくりっく株365「FTSE100」の運用方法は?配当金と含み損を徹底的に考えよう

自動売買FXの1つであるループイフダンでまず始める

もともとループイフダンは為替(FX)で使用されている運用方法であり、ループ株365だけでの仕組みではありません。

むしろ、私みそはループイフダンを2017年6月から使用しており、ループイフダンの強みはかなり知っております。

だからこそ、FTSE100×ループイフダンの仕組みにもすぐに馴染めました。

 

ただ証拠金やリスクは少し大きめで怖いという方はまずループイフダン(FX)を始めてみたら良いかと思います。

初心者向け30万円〜であったり、私みそ自身がアレンジした設定方法などオリジナル満載です。笑

もし気になった方はぜひ、以下の記事を読んでみてください(^ ^)

関連記事:ループイフダンおすすめ通貨ペアは豪ドル円!選んだ理由と設定実績を徹底解説!

動画や音声で記事内容を知りたい方はYouTubeからどうぞ

now recording......

チャンネル登録もぜひお願いしますね(`・ω・´)

\当サイト限定タイアップ!2,000円分キャッシュバック/
ひまわり証券 くりっく株365

条件:当サイト経由で口座開設+新規5枚以上の取引で2,000円キャッシュバック!
「みその不労所得運用ブログ」から口座開設がお得ですよ(^ ^)

★Twitter・YouTubeでも発信中★

-ループ株365, ループ株365全般

Copyright© みその不労所得運用ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.